私のおすすめのグリーンスムージー

おすすめのグリーンスムージーを飲もう

若い女性の間で流行っており、ダイエットにおすすめなのが、グリーンスムージーです。

 

グリーンスムージーの作り方は簡単で、メインとなる材料は水と野菜、それにフルーツです。これらをミックスするだけで、美容と健康に良い効果が現れます。

 

作り方のコツは、多くの種類の野菜を用いることです。偏ってしまうと効果が十分に発揮されません。しかし、多くの野菜を使うことで、ビタミンなどを効率よく摂取することができます。おすすめの野菜は、ホウレン草やレタスなどです。育毛サプリメントの効果はこちら。

 

ただし、一度に使う野菜やフルーツの種類は、2、3種類がベストです。グリーンスムージーを飲み始めたことは、色合いや風味から、飲むのをためらってしまうこともありますが、そういった見かけも効果の表れであると言えます。実際に飲み続けた人の声で多いのは、美肌になったというものですが、間違った飲み方をしてしまうと、十分な効果は見込めません。

 

グリーンスムージーがおすすめである理由は、体を内部から改善してくれることにあります。
腸内環境を整えたり、血液をサラサラにするなどの効果があります。これによって、さまざまな病気を未然に防ぐことができます。作り方はミキサーで混ぜるだけですが、そのとき使ってはいけないものがあります。それが、牛乳やヨーグルトなどの乳製品や、生の野菜です。

 

また、フルーツや野菜は、皮をむかず、そのまま入れるのが主流となっています。目安として、コップ1杯のグリーンスムージーを1日3回ほど飲むのがベストであると言われていますが、あまりにも飲みすぎてしまうと、冷え症などを起こしてしまうため、注意が必要です。

 

毎日継続して飲むことで、美肌などの効果が現れてきます。

 

 

美肌効果やダイエット効果があるとして、人気が高まってきているのが、グリーンスムージーです。野菜とフルーツ、それと水を材料としますが、それだけでかなりの効果が見込めます。

 

作り方は単純ですが、野菜やフルーツの組み合わせによって、効果なども微妙に違ってきます。単なるサプリメントとは違い、グリーンスムージーでは、野菜やフルーツに含まれてるビタミンなども効果的に摂取することができます。特に変化が見られやすいのが徐々に量を増やしていくと良いでしょう。ウエストの引き締めや、便秘解消などです。

 

作る際には大前提として、砂糖や塩などの調味料は入れません。あくまで野菜とフルーツ、水だけを用います。おすすめの野菜としては、レタスやレモン、小松菜などです。にんじんやかぼちゃ、ブロッコリーなど、たんぱく質を多く含むものはあまりおすすめできません。一度に使う野菜やフルーツは2、3種類ぐらいが良いとされています。野菜やフルーツは皮をむかずに、そのまま使います。これは、皮にポリフェノールという栄養素がつまっているためです。

 

ミキサーに入れる際の工夫として、野菜や果物はできるだけ刻んで小さくしておきます。ミキサーに水と共に入れたら、できるだけ長く混ぜます。こうすることでまろやかさが出るとともに、植物の細胞壁も壊すことができ、効率よく摂取することができます。ただ、飲み始めた当初は、野菜よりもフルーツを多く入れるのをおすすめします。

 

グリーンスムージーを1杯飲むだけでも、お腹に満腹感が現れます。徐々に量を増やしていくと良いでしょう。ただし、食事とともに飲むのではなく、グリーンスムージー単体で飲んだほうが効果を見込めます。

 

続きを読む≫ 2015/06/27 09:19:27

ダイエット、美肌、便秘の解消などでグリーンスムージーが人気となっている。朝食をスムージーに置き換えるのがおすすめらしい。早速、挑戦してみた。

 

 

基本的な決まりは、生の葉野菜とフルーツのみを使う。葉野菜はほうれん草、みず菜、小松菜、パセリなどで良いらしい。フルーツはなんでも大丈夫との事。初心者の私はブログのおすすめを参考に小松菜、りんご、トマトで初グリーンスムージーを作ってみた。

 

まず、ミキサー準備。私のミキサーは子供時代から使っている年代物だ。まさに昭和っぽい。久しぶりに使うミキサーが壊れないかを心配しながら、一番下にカットした皮付きりんご。その上に同じくカットしたトマト。最後に小松菜を手でワイルドにちぎり、上からミネラルウォーターを投入。ミキサーのスイッチオン。昭和のミキサーは力強くまわりグリーンスムージーが簡単に完成した。

 

出来上がったグリーンスムージーは、緑色をベースに、りんごの皮の赤とトマトの赤が混ざって不思議な色合い。飲みにくそう。。。だが、一口飲んでみると美味かった。予想では小松菜のあくで飲めないのではないかと考えていたが、りんごのフルーティーさが全面に出ていて美味しかった。美味しくてくせになってしまい忙しい朝はグリーンスムージーを朝食にしている。

 

 

おすすめは葉野菜はほうれん草とレタスのどちらか。フルーツはバナナが入っていれば甘くなって飲みやすい。それに夏ならばスイカを足したり、便秘気味だったらプルーンを足したりと好きなように組み合わせるのも楽しい。

 

美味しいグリーンスムージーだが冷えに注意するために常温で飲むのが大切らしい。また、流動食になるので咀嚼しないことによる内臓のぜん動運動の低下にも気を付けなければならない。デメリットも考慮しつつグリーンスムージー朝食を楽しみたい。

 

 

 

続きを読む≫ 2015/06/27 09:13:27

我が家では毎朝、グリーンスムージーを飲んでいます。というよりそれが朝食なのです。

 

材料は主に果物と野菜に分けられます。
果物は季節のものを使用します。冬場ではリンゴ、みかんなど、春先から夏にかけては、グレープフルーツ、キウイ、秋口では柿などがおすすめです。そして常に欠かせないのはバナナです。もちろんこれらの果物だけではグリーンスムージーになりませんから、葉物の野菜を入れていきますが、我が家のおすすめは、小松菜、ほうれん草です。季節や天候によって値段も変動しますので、入手しやすいものを使用しています。

 

 

それでは作り方です。
まずは果物を2cm角程度に切ります。それから野菜の束をばらして4~5枚の葉を軽く水洗いし、砂利などを落とします。新鮮なお野菜では中に虫等が生きている時もあるので、できればとっておきたいですね。
また、葉物野菜は入れすぎるとスムージーが青臭くなってしまうことがあります。青汁のような飲み物が得意な方なら問題ないと思いますが、最初は少し少なめから徐々に増やして適量を見つけるのがおすすめです。

 

次に材料をミキサーに入れていきますが、その時の鉄則として、水分の多いものから順に入れる、というルールがあります。それで春先であればまずグレープフルーツ1ケ、少量のレモン汁、バナナ2本程度を投入します。次に、葉物野菜、そして水100cc程度を入れます。水を入れるのは、固形物だけで回すとミキサーが故障する場合があるためです。最後にミキサーの電源を入れて3分ほどで、おいしいグリーンスムージーの完成です。

 

 

基本的にはできたてを常温で飲むのが良いですが、夏場は、少し冷たくして飲みたいですね。そんな時にはバナナを事前に凍らせておくのもおすすめです。予め2cm角程度に切って冷凍しておいたバナナを使うと、ひんやりスムージーが出来上がります。とってもおいしいですよ!

 

続きを読む≫ 2015/06/27 09:09:27

最近、雑誌やテレビ、芸能人のブログでも話題になっている、グリーンスムージーのおすすめの食材を紹介します。

 

グリーンスムージーは、野菜や果物をミキサーやジューサーで牛乳や豆乳、野菜ジュースなどと共に混ぜて作る飲み物です。
グリーンスムージーには、小松菜、パプリカ、にんじん、ホウレンソウ、セロリなどの野菜、りんご、オレンジ、レモン、パイナップル、マンゴー、いちご、ブルーベリーなどの果物がおすすめです。ミキサーに入れる順番は、固いものから入れます。つまってしまうこともあるため、時々かき混ぜながら作ります。

 

特に、りんごやマンゴーを入れると、セロリや緑黄色野菜の独特の風味が軽減され、おいしく飲むことができます。果物は、冷凍食品として売られているものもあります。また、グリーンスムージーにはちみつを入れることもおすすめします。味がまろやかになり、格段に飲みやすくなるからです。

 

グリーンスムージーは、朝ごはんの代わりに置き換えてダイエット食品として取り入れている人も多いです。食物繊維を手軽に取ることができるため、お通じがよくなり、便秘の解消にもつながります。また、通勤や通学で朝ごはんをなかなかゆっくり食べることができない人にもおすすめです。

 

グリーンスムージーに使う食材である野菜や果物は、たくさんあるため味に飽きがこないので、続けることができます。また、インターネットではグリーンスムージーにおすすめの食材を紹介しているブログやサイトがたくさんあります。それらを参考にして作るのも良いでしょう。また、野菜は皮と身の間に栄養素がたくさんあると言われているため、ミキサーやジューサーでそれらの栄養素も一緒に取ることができるのも、魅力の一つです。

 

続きを読む≫ 2015/06/27 09:05:27

食べるのが好きでどうしても止められない、と言うときに出会ったのが今流行のグリーンスムージーでした。

 

グリーンスムージーは、新鮮な野菜や果物を切って水と一緒にミキサーで混ぜるだけの簡単な飲み物です。カロリーが低く酵素を摂ることができるようになるため、新陳代謝が活発になり、美肌効果や免疫力のアップ、便通が良くなり血液の流れが改善してむくみを解消するなどの効果があります。

 

食事制限をするとき、どうしても炭水化物が減らせない私は、いっそ食べなきゃ良いんじゃないか、と言う結論になりましたが、それではどうしても肌荒れや便秘がちになってしまいダイエットどころではなくなってしまいました。そして考えたのが、グリーンスムージーです。

 

朝はしっかり食べないと動けないため、朝ではなく夜飲むようにしたのです。夜の方がゆっくりとグリーンスムージーは作ることができました。夜に摂ることで、糖や炭水化物が少ないため、脂肪に変わりにくくダイエット効果を得ることができたように感じます。

 

 

おすすめのレシピとしては、小松菜やりんご、ニンジン、トマトとレモン汁を少々加えたものと水を混ぜたもの、ほうれん草とバナナ、生姜とリンゴ、トマトとバジルとレモン汁にアボカドなどを組み合わせたものなどがおすすめです。しかし、夜にミキサーを取り出すのはちょっとと言う場合には、粉末タイプのものも市販されているためそれを水を入れたり、豆乳や牛乳、ヨーグルトなどに混ぜて飲んだり食べたりすることもおすすめです。

 

夜を簡単に済ませることで、しっかりと朝食を用意する時間やお弁当を作る下準備もできるようになったため、ダイエットを始める前よりも食生活が良くなったように思います。

 

続きを読む≫ 2015/06/27 09:01:27